BLOG

WordPress高速化

wordpress

早くも書くことなくなったので、WordPressのこと書いとこう。
Webサイト制作を生業としてるくせにWebのこと書くの初めて。
最近このサイトをリニューアルしたので、「GTmetrix」という、サイトの表示速度を計測するツールを使って計測してみた。
やり方はとっても簡単。「Enter URL to Analyze…」と書かれたテキストボックスに計測したいURLを入力して、「Analyze」ボタンをクリックする。
しばらく待つと結果が表示される。

計測結果

gtmetrix

やったでおい。

ダブルA評価だ。ちなみに左側のがGoogleで、右側のがYahoo。
高速化する前の状態もキャプチャ撮っとけば良かった。忘れてた。
で、高速化のために使用したWordPressプラグインは以下。あ、設定方法等は割愛します・・・

001 Prime Strategy Translate Accelerator

WordPressを日本語で表示させるとき、「ja.mo」って翻訳ファイルを使用してサイトや管理画面で日本語を翻訳して表示するので、表示が遅くなる。
このプラグインは翻訳ファイルをキャッシュできるので、翻訳にかかる時間を削減できる。

001 Prime Strategy Translate Accelerator

Autoptimize

HTML、CSS、JavaScriptを圧縮できる。
ソースめっちゃ見辛くなるけど、Google Chromeのデベロッパーツールを使うから問題ない。

Autoptimize

EWWW Image Optimizer

画像ファイルをアップロードするとき、自動でファイルサイズを圧縮してくれる。これまでにアップロードした画像も一括で圧縮できる。

EWWW Image Optimizer

Jetpack by WordPress.com

このプラグインは色々と便利機能が搭載されてるんだけど、その中でも「Photon」を導入してみたかったので使用。
「Photon」とは、CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービスってやつで、画像を外部サーバーにキャッシュしてサーバーの負担を減らせるってやつ。
使用の際には「WordPress.com」のアカウントが必要。

Jetpack by WordPress.com

W3 Total Cache

ページキャッシュ、データベースキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、ブラウザキャッシュ。設定ややこしい。

W3 Total Cache

といったところです。

サイトの表示速度はすごく重要だけど、もっと更新頻度も上げないと、と思いました・・・

RELATED POSTS